2021年も宜しくお願い申し上げます。
今年の年賀状は『闘牛ボーリング』です。
(クリックすると大きな画像が開きます)
2021年賀
2013年からの年賀状には、十二支にちなんだオリジナルのゲームを付けています。
今回で9作品目になりました。

闘牛ボーリング

はじめに

『牛のゲームって、何をつくったらよいのだろうか?』 悩んだ末に出てきたテーマは「闘牛」でした。
ところが「闘牛」はどうも正月にふさわしくない。何しろ年の主役が殺されてしまうのですから。
そこでこの際、逆に牛が闘牛士をやっつけるゲームにしようということで「牛のボーリング」をつくってみました。
闘牛士をピン扱いするのがしのびない方向けに「新型コロナウイルス君」バージョンもご用意しました。
どちらかお好きな方でお楽しみください。

準備

2人以上で遊ぶゲームです。
●サイコロ2個とペンを用意してください。
 ※ホワイトボードマーカー(細)が最適です。
●下図のようにハガキに切り込みを入れ、点線で折って闘牛士を立ててください。
闘牛士

遊び方

■遊ぶ人全員で順番を決めてください。自分の手番になったら、①~④を行います。
  1. まずは一投目。サイコロを2個ふり、出た目と同じ数字の闘牛士、あるいは出た目の合計をいくつかの数字に分割して、それぞれの数字の闘牛士を倒します。
    たとえば56が出たら、「5」「6」の闘牛士、または「3」の闘牛士2人と「5」の闘牛士を倒すことができます。あるいは「2」「3」「6」の闘牛士を倒すこともできます。
    23が出たら、「2」「3」の闘牛士を倒すことも、「5」の闘牛士を倒すこともできます。
    出た目を余らせることはできません。たとえば6で「2」「3」の闘牛士を倒すことはできません。
  2. 1の目だけは特殊で、「1」~「6」のどの数字としても使えます。
    また、「ゾロ目」が出た場合は出た目で闘牛士を倒した後、一投追加となります。
  3. 続いて二投目です。もう一度、サイコロを2個ふります。①②と同じ考え方で、残っている闘牛士を倒します。一投目、二投目でゾロ目が出ていた場合はさらに三投目、あるいは四投目があります。
  4. 闘牛士をすべて倒せたら「ストライク」です。しかし、これはなかなか難しく、たいていは闘牛士が残ります。残った闘牛士の数字の合計値を「失点」として、下の失点表に記録します。

    失点表

■次手番のプレイヤーに交代してください。
■最後の1回は全員「三投」ずつできます。

勝利条件

☆全員が7回ずつプレイしたらゲーム終了です。一番失点の少ないプレイヤーの勝ちです。

著作権について

このゲームの著作権は有限会社ルートイレブンに帰属します。
ご質問等ございましたら、info@route11.co.jp までご連絡ください。

年賀ゲーム

2021年2020年2019年2018年2017年2016年2015年
ページのトップへ戻る